食べる順番を変えるだけ 糖質の吸収を抑え、血糖値を上げにくくする食べ方とは

同じ食事でも、食べる順番を変えるだけで痩せられる。多くの人に広まっているダイエット手法の1つです。

最初は眉唾ものに思えそうですが、実はこの食べる順番ダイエット、ちゃんと身体の仕組みが利用された、根拠のある方法なのです。

ではなぜ、食べる順番を変えるだけで痩せられるのでしょうか。また、どのような順番で食べると痩せられるのでしょうか。

糖質の少ないものから食べる

食べる順番を変えるダイエットは、まず糖質の少ないものから食べ、その後、糖質の多いものを食べる、という方法です。

糖質の少ないもの、つまり野菜や豆腐、肉や魚から先、ということになります。

さらに食物繊維を先に摂ると良いとされています。

そのため、一番最初に食べるのは野菜が良いのです。レストランのコース料理で、野菜が最初に出てくるのもこのような理由から来ているのかもしれません。

最初に糖質の少ないものを食べておけば、その後に糖質が多いものを食べても糖の吸収がゆるやかになり、身体の中に取り込まれる糖の量を抑え、脂肪に変わる量を減らすことができます。

果物もデザートとして食事の後に食べる方が多いですが、果物に含まれる果糖による血糖値の上昇や中性脂肪に変わる割合を減らしたいなら、ご飯やパンなどを食べる前に食べるようにすると、果物に含まれる食物繊維が糖の吸収をゆるやかにしてくれため、中性脂肪に変わる量を抑えてくれます。

果物を先に食べるのは難しいかもしれませんが、朝食なら比較的やりやすく、またサラダに加えることで食べやすくすることもできます。

 
食事はまず野菜を食べて、次に肉・魚・豆腐。その後に食べるならご飯やパン。食べる順番も意識して、より高かを糖質制限食の効果を高めましょう。