身長から理想の体重がわかる? BMIの標準体重は本当か

ダイエットを行っていて気になることの一つが「自分の適正体重」。自分の中で理想とするイメージはあるものの、それを体重にすると何kgになるのか、知っている人はあまり多くありません。

自分の標準体重を知るためによく用いられるものに「BMI」というものがあります。BMIは自分の身長から標準体重や肥満度を割り出すものです。

しかし、このBMIで割り出される数値には注意が必要です。

「BMI」とは Body Mass Index の頭文字を取ったもので、体格を身長の二乗に対する体重の比で表す指数です。

 BMI=体重kg/(身長m)2

このBMIが男女とも22の時に高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能障害なとの病気になる割合が最も低くなるということで、「BMI=22」となる体重を理想としたのが標準体重として、日本肥満学会による肥満の判定となっています。

BMI=22を標準体重として、18.5~25が普通体重、18.5以下が低体重、25以上を肥満としています。BMIが30を超えると、疾病有病指数が男性は標準体重の人の1.5倍、女性では2倍にも高まります。

 
しかし、このBMIは、身長を基準としているため、一概に適さない場合があります。

例えば、細くて背が高いお笑い芸人・アンガールズの田中卓志さんは身長188cmもあるのですが体重は62kgしかありません。一方、アテネ五輪男子ハンマー投げの金メダリスト・室伏広治選手は身長187cmで体重は99kgです。

ほぼ同じ身長の2人ですが、片方は痩せていて、片方はアスリートとして鍛えている。この2人にとってベストな体重が同じとは考えにくいものがあります。

 
もう一つお話をすると、私の身長は170cmでBMIでの理想体重は63kgです。2013年の体重は66.5kg(BMI=22.9)だったのだすが、この時に糖尿病と診断されました。体型自体も顔は丸く、おなかもかなり出ていました。それから改善させ、現在の体重は56kgですが健康診断の結果もオールAです。

 
ダイエットをする上で、平均体重やBMIの標準体重というのは気になる数値ではありますが、ベストな体重は一人一人異なるもの。自分の体質を知り、体調を見極めて、自分に適した理想の体重、理想の体型づくりを目指しましょう。