低GI値の朝食がランチ後の血糖値上昇を抑える「セカンドミール効果」とは

糖質制限食やダイエットをやっている人を始め、広く知られている「GI値」。GI値が低い食品ほど、糖の吸収が緩やかで、インスリンの分泌が少なく、太りにくいとして、食事改善の知識として取り入れられています。

低GI値食品は、糖の吸収が緩やかで太りにくい性質があることに加え、さらに血糖値の改善にもつながる「セカンドミール効果」というものも得られるそうです。

この「セカンドミール効果」とは、どのようなものでしょうか。

「セカンドミール効果」とは、最初にとった食事が、その次に摂る食事の後の血糖値の変化に影響を与える、というもの。つまり、GI値の低い食品を摂ることにより、その次に食べる食事の後の血糖値上昇を抑えることができるのです。

このセカンドミール効果は1982年に、GIの提唱者でもあるアメリカ・トロント大学のジェンキンス博士によって発表されました。

食物繊維の多い大豆などのマメ科植物を含む食事を摂ると、炭水化物の消化・吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑えます。さらに、その次の食事による血糖値の上昇を抑える働きもあるとのこと。

実際に豆を使ったお菓子を食べた後、次の食事を普通に食べた後の血糖値の上昇は、何も食べなかった場合に比べてかなり上昇が抑えられ、さらに血糖値が元に戻るのも早かったという実験結果もあります。

朝食にGI値が低い食事を摂ることで食後の血糖値をあまり上昇させることなけ、ランチを食べた後も血糖値の上昇を抑えることになり、インスリンの分泌量も抑えられ、糖から脂肪に変わる量も減ることになります。

 
また、GI値の低い食事はゆるやかに糖が吸収されるため、腹持ちも良く満腹感が持続し、おなかが空きにくくもなるとのこと。おやつなどの間食も減らすこともつながり、さらにダイエットの効果も高まります。

一度の食事で、次の食事まで効果がある低GI値食品。一度で二度美味しい「セカンドミール効果」もしっかりと意識して、美味しい食事を摂っていきましょう。