11月11日は「チーズの日」 チーズフェスタなどチーズに関する各種イベントも開催

image

11月11日といえば、何の日かご存じでしょうか。

真っ先に思い浮かぶのはグリコの「ポッキー&プリッツの日」かもしれませんが、糖質制限食やMEC食を行っている人が大変お世話になっている「チーズの日」でもあるのです。

日本の歴史において、チーズに関する最古の記録は1300年以上も前のものです。

「酥(そ)」という乳を煮詰めて作られる現代のチーズに近いものが中国より伝わったのがはじまり。そして、西暦700年の10月に、文武天皇が「酥(そ)」の製造を全国に命じたという記録が残っています。

当時の10月を今の暦に置き換え、覚えやすくするため、11月11日を「チーズの日」とすることを日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が1992(平成4)年に制定しました。

 

チーズはご存じの通り、糖質が少なく、たんぱく質が豊富。そのまま食べても良し、温めて食べても良し。種類も豊富で、世界中で幅広い料理に使われ、食べられています。

そして、11月11日には東京・恵比寿にて「チーズフェスタ2015」というイベントなども催されています。お近くの方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 
ちなみに「チーズの日」は6月1日にもあります。年に1度ならず、2度もある「チーズの日」。ぜひみんなで美味しいチーズを堪能しましょう。