「カロリー」とは —なぜ同じカロリー数を食べても痩せられるのか

食品のカロリーは、三大栄養素である「たんぱく質」、「炭水化物」、「脂質」の量によって算出されます。

各栄養素ごとの1gあたりのカロリー量は以下の通りです。

たんぱく質 4 kcal
炭水化物 4 kcal
脂質 9 kcal

脂質1gあたりのカロリーはたんぱく質、炭水化物の2倍以上。少ない量で身体を動かすことができるエネルギー源として、体内で使われています。

三大栄養素それぞれの主な役割をおさらいしておくと、「たんぱく質」は身体や筋肉を作り、「炭水化物」は身体を動かすエネルギーであり、「脂質」は高エネルギー源とともに生体膜の主成分として使われます。

身体を動かすエネルギーとして、まず炭水化物が使われ、そして脂質が使われます。炭水化物の摂取量を減らし、体内に蓄えられている脂肪を燃焼させて痩せるのが糖質制限ダイエットの仕組みです。

また、あまった炭水化物は、脂肪となって身体に蓄えられます。食事において炭水化物の量も抑えることで、体内に蓄えられる脂肪量を抑えるのも糖質制限の狙いの一つです。

同じカロリーの食事でもたんぱく質の割合が高い食事と、炭水化物の割合が高い食事では、炭水化物の割合が高い食事の方が脂肪となって体内に蓄えられる脂肪の量が増えるため、太りやすいということになります。

「お肉を食べて痩せる」のは、食事における炭水化物や脂質の割合を減らし、たんぱく質の割合を高めることで、おなかを満たしながら体内に蓄えられる脂肪量を抑えることができるためです。

ダイエットにおいて、食事におけるカロリー数を抑えることも重要ですが、カロリーのもととなる三大栄養素の役割を理解し、バランスを見直すことも重要です。

「あまった炭水化物は脂肪となって蓄えられる」
「炭水化物の摂取量を抑えることで脂肪が燃焼される」

という身体の仕組みを理解することで、なぜ糖質制限ダイエットで痩せられるのかが簡単に理解できるようになります。

食事において、カロリー数だけでなく、各栄養素の割合もチェックし、バランスの良い食事を心がけましょう。