妊娠された方とパートナー必読『ケトン体が人類を救う』

ケトン体が人類を救う

妊娠中の高血糖状態によって起こる妊娠糖尿病を糖質制限によって改善させているマタニティクリニックの先生が書かれた『ケトン体が人類を救う』を読みました。

今まであまり深く理解できていなかった妊娠糖尿病になってしまう理由、そして糖質制限食による改善法、さらに産婦人科をはじめ、医療の現場における現状について、詳しく知ることができました。

著者の宗田哲男さんは千葉県市原市にある宗田マタニティクリニックの先生。妊娠糖尿病を糖質制限によって管理され、妊娠中の高血糖、妊娠糖尿病で悩まれていた多くのお母さんとその子ども、家族たちを救い、成果を上げられています。

 
妊娠糖尿病とは、その名の通り、妊娠している女性がなってしまう糖尿病のこと。

血糖値を下げるインスリンは妊娠前と同じように分泌されているのも関わらず血糖値が下がらず、糖尿病の状態になってしまうものです。

妊娠糖尿病は無事に出産を終えると、もとのようにインスリンの効き目が戻って血糖値も下がり、糖尿病が治ります。

 
妊娠糖尿病の問題はインスリンが正常に分泌されているにも関わらず、血糖値が下がらないということ。しかし、多くの医師たちは「血糖値が高く糖尿病の状態である」という点でインスリン注射をするという処置をしているとのこと。

効き目のないインスリン注射を重ねて、血糖値は下がらず、糖尿病の症状はひどくなる、という悪循環が起こっているそうです。

 
この本の中で、妊娠糖尿病の改善策として提唱されているのが糖質制限。糖質を摂らないことで、血糖値の上昇させず、高血糖状態になるのを防ぐため、妊娠糖尿病を防止させます。

糖質・炭水化物を抑えると、体内のケトン体が増え、妊娠中は悪影響を与えると考えられてきましたが、妊娠中の方々の調査により、「そもそも妊娠中の体内、胎児はケトン体濃度が高い」という調査結果を示されています。

 
「妊娠中に糖質制限をすることにより、妊娠糖尿病を抑えられる。また、妊娠中にケトン体濃度が高くなることは問題なく、出産後の子どもへの影響もない。」ということを数多くの辞令から提唱されています。

妊娠中の糖質制限について、自分一人のことではなく、生まれてくる子どもにも大きな影響があるため難しいことではありますが、お母さんと子ども、そしてパートナー、家族の幸せのためにも、ぜひ詳しく検査していただき、安心して取り組めるようにしていただきたいと願います。

 
今妊娠されていて妊娠糖尿病の方、血糖値コントロールにお悩みの方はもちろん、妊娠中で健康な方も、そしてそのパートナー、家族の方も、知識を増やすためにもぜひ読んでみてください。