七草粥はいつ食べるのが正解か そして糖質制限での七草粥レシピと作り方は

七草粥

新年の七日目に食べるものといえば「七草粥」。

七草について「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ これぞ七草」という歌で覚えている人も多いのではないのでしょうか。

今回は七草粥のこと、そして糖質制限での七草粥レシピと作り方をご紹介します。

七草粥は1月7日の”朝”に食べる

七草粥とは、春の七草をおかゆにして1月7日に食べるもの。無病息災と五穀豊穣を祈っていただくものとして、平安時代の古来中国より伝わり貴族の間で行われ、江戸時代になって一般庶民にも広まったそうです。1月7日は「人日の節句」といって、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句と並ぶ「五節句」の一つという日です。

最近では七草に含まれる成分が胃腸の働きを整える効果があることから、年末年始に美味しいものを食べ過ぎた胃腸を休ませるためにも食べられています。

そして七草粥は、1月7日の”朝”に食べるものなのです。昔は6日の夜に厄払いを唱えながら七草をたたき、7日の朝におかゆを炊いていただいていたそうです。しっかりとご利益をいただくなら7日の朝にいただき、朝はバタバタして食べるのが大変という方はお昼ごはんか夕食でいただいても良いでしょう。

 

「春の七草」とは

七草粥に入れる春の七草。「せり、なずな、……」と名前は知っていても、どのような草か全部知らないという人もいることでしょう。改めて、春の七草についてご紹介します。

せり(芹)

水田や湿地に多く生えていて、やわらかく、香りの良い草。「競り合うように密生すること」から「せり」と名付けられています。

カロテンやビタミンC、鉄分を多く含み、食欲増進や増血作用が期待できます。おひたしや鍋物、酢の物に使われる他、秋田では『きりたんぽ鍋』に入れたりします。

「競り勝つ」という意味が込められています。

なずな(薺)

道端や畑に自生している草。果実の形がしゃみせんのばちに似ていることから「三味線草」「ぺんぺん草」とも呼ばれています。

なずなもカロテンやビタミンC、鉄分の他、カルシウムも抱負。下痢止めや解熱、鎮痛、利尿作用の効果もあります。和物やおひたしに用いられています。

「撫でる」ということから「汚れを払う」という意味が込められています。

ごぎょう(御形)

「母子草」のこと。道端によく見られる草です。せき止めや利尿作用の効果があります。

ごぎょうには「仏体」という意味が込められています。

はこべら(繁縷)

「はこべ」のこと。ナデシコ科の花で、田畑や道端などに生息しています。

たんぱく質やミネラルが豊富で、利尿作用の効果があり、古くから薬草として使われています。

「繁栄がはこびる」という意味が込められています。

ほとけのざ(仏の座)

「ホトケノザ」という草もあるのですが、春の七草で使われるのはキク科の「コオニタビラコ」(田平子)の方です。

田んぼはあぜ道などに生息しており、食欲増進の効果があります。

「仏様の安座」という意味が込められています。

すずな(菘)

蕪(かぶ)のことです。肉質が大根より緻密で甘く、葉にはカロテンやビタミンC、ビタミンK、鉄分、カルシウムが豊富。

漬物屋煮物、汁物の具、酢の物などに用いられています。

カブに含まれるジアスターゼは消化促進の効果があります。

「神様を呼ぶ鈴」という意味が込められています。

すずしろ

大根のことです。葉の近くは甘く、先端は辛いのが特徴。ビタミンCが豊富で、すずな(蕪)と同じく含まれている、ジアスターゼは消化促進の効果があります。

大根の根はおろし、ふろふき、おでんの具、煮物、漬物に使われ、大根の葉は炒めものや漬物に向いています。

その白さから「潔白・純白・汚れのない様」という意味が込められています。

 
七草がどのような草か、またそれぞれどのような意味が込められているかがわかったことで、七草粥をより美味しくいただけることでしょう。

 

糖質制限での七草粥のレシピと作り方

七草かゆの基本的な作り方は、塩味のおかゆに細かく刻んだ七草を混ぜ込むものです。

[材料]

  • お米
  • 七草
  • ごま

[作り方]

  1. 七草を細かく刻む
  2. おかゆを炊き、炊きあがる5分ほど前に塩をふり、七草を混ぜ込み、蓋を炊き上げる
  3. 器に盛ってごまを振りかける

おかゆの糖質量はは100gあたり15.6g。通常のご飯より水分を多く含んでいるので、食べる量は同じでも糖質量は抑えられています。

七草粥なら糖質を気にせずいただいても良いですが、もっと糖質制限したい方は「豆腐」を使った「七草豆腐粥」がおすすめです。

[材料]

  • 豆腐 1丁
  • 豆乳 600cc
  • 七草 適量
  • だし 適量
  • 塩 適量
  • ごま 適量

[作り方]

  1. 七草を細かく刻む
  2. 豆腐と豆乳を弱火にかけ、沸騰したらだしを加える
  3. 七草を加え、塩とごまで味を整える

この豆腐を使った七草粥ならば、ご飯の七草粥に比べて糖質量は半分以下に抑えることができます。お腹にも優しく温まるので、朝食にオススメです。

 
1月7日は無病息災を祈って七草粥をいただき、胃腸を整え、1年間元気に過ごしましょう。

 
からだが喜ぶおかゆ料理帖
からだが喜ぶおかゆ料理帖

 

ちなみにスープ専門店の「Soup Stock Tokyo」では、1月7日限定で七草粥を販売するそうです。家で作れそうにない方はぜひどうぞ。

» Soup Stock Tokyoの新年は、日本の食の知恵を「味わう」「学ぶ」「触れる」 ~1月7日(木)限定 七草粥販売/おいしい教室開催のお知らせ~|Soup Stock Tokyo