節分に「年の数だけ豆を食べる」理由と意外と知られていないこと

2月3日は「節分」。冬が終わる日であり、翌日は「立春」を迎え春となります。

節分の行事といえば「豆まき」。「鬼は外、福は内」という掛け声とともに、鬼に向かって豆をぶつけ、邪気を払い、福を呼び込びます。

そして節分の豆まきとあわせて行うのが、「年の数だけ豆を食べる」というもの。実はこの風習には意外と知られていないことがあったのです。

季節の変わり目に豆の力で魔を滅して福を呼び込む「豆まき」

昔、節分は「立春」の前日ということで、「大晦日」のように考えられていました。

節分は季節の変わり目で体調も崩しやすい時期。昔の人は「体調の変化が多く現れるのは鬼のせいだ」と考え、鬼の厄除けをするために豆まきをするようになったという説があります。邪気を払うためには穀物をまくと良いとされており、中でも豆は「魔を滅する」ということで豆をまく風習が広まったと言われています。

また、豆まきに使う豆は、炒ったものを使います。火で炒ることによって邪気を払い福を呼び込むとされており、「福豆」と呼ばれます。また、昔の家には土間があり、まいた豆から芽が出ると縁起が良くないということから炒り豆を使うことで、目が出ないようにしたということも言われています。

「年の数だけ豆を食べる」ことで意外と知られていないこと

福豆は福を身体の中に取り込むとして、「年の数だけ食べる」ことが知られています。実はこの「年の数」について、あまり知られていないことがあるのです。それは、「数え年で1つ多く食べる」ということです。

昔は節分が大晦日のように考えられており、翌日の立春を新年ととらえ、「来年が健康で幸せに過ごせますように」との願いを込めて食べるため、数え年で1つ多く食べるためだと言われています。今まで実際の年の数だけ食べていた方も多いのではないでしょうか。かく言う私も年の数だけしか食べていませんでした。

 
今年からはぜひ「数え年で1つ多く」福豆をいただき、1年間健康で幸せに過ごして行きましょう。