新しい春の始まりを告げる「立春」に食べると縁起が良いもの

2月4日は「立春」。二十四節季の始めにあたり、暦の上では「春」となります。また、昔は新年の最初の日ともされていました。

立春の前日にあたる節分に食べるものとして福豆や節分そば、恵方巻きなどがあります。そして、立春にも縁起を担いで食べられるものがあります。

今回は立春の食べ物をご紹介します。

立春の食べ物は日本酒や生菓子

立春には、節分の時のような福豆や恵方巻きといった決まった食べ物はありませんが、各地で縁起を担いだ食べ物が作られ、食べられています。

寒いこの時期にはお酒や醤油などの仕込みが進む時期です。中でも日本酒の仕込みは盛ん。節分の夜から立春の未明にかけて搾って詰めた日本酒は「立春朝搾り」として、「生まれたての春を、生まれたての日本酒で祝う」として飲まれています。

また、立春の朝に作られる桜餅やうぐいす餅などの生菓子も「立春生菓子」として、新しい春を祝うものとして作られ、たべられています。

 
また、立春の時に掲げられるのが「立春大吉」という字。

これは禅宗で行われている厄除けの習慣で、「立春大吉」と書いた札を立春の日の早朝に貼ります。

この言葉は左右対称で表から見ても、裏から見てもちゃんと読めてしまうため、鬼が家に入ったと思って札を見ると、「まだ家に入ってなかった」と勘違いして出て行くため、鬼を追い払うとされています。

この「立春大吉」にあやかり、立春大福や立春大吉餅などが作られています。

三重県・伊勢の名物である「赤福」でも2月の朔日餅として立春大吉餅が販売され、店舗で食べると福茶と一緒にいただくことができます。

 
糖質制限食としては、日本酒も和菓子もお餅もなかなか食べないものですが、新しい春を迎えるこの日はありがたくいただき、新しい年の始まりを祝うのも良いですね。