ランニングを続けるには「折り返し地点」を工夫しよう

ダイエットや健康維持のために運動をする方はとても多くいます。中でもランニングを手軽に始めることができ、ダイエット効果も得やすいため、多くの人が始めに取り組む運動です。

しかし、長い時間走るのはやはり大変で、途中で挫折してしまい、なかなか長続きしない人も多くいます。

今回は長くランニングを続ける秘訣を1つご紹介します。そのポイントは「折り返し地点」の設定の仕方です。

「折り返し地点」は目立つ場所を設定しよう

ランニングでダイエットの効果を得るためには、20分以上走ることが必要です。しかし、いきなり20分走るというのは大変なことです。

そこで半分の10分を走ることを考えます。10分ならなんとなく走れそうな気がしてくるものです。

また、行ったからには、帰ってくる必要があります。従って、10分走ったら、必ずもう10分かけて戻ってくることになるため、自然と20分運動することができます。

20分なら大変でも、10分なら何とかなりそうな気がするものです。

 
そして、ランニングを長く続けるコツ。それは「折り返し地点」を目立つ場所に設定するというものです。

テーマパークや観光スポット、駅、公園、神社、寺、目印となる建物や大きな木など。

ゴールとして目指したくなる所を折り返し地点に設定すると、ただ20分走るより、はるかにツラさが少なくなります。

 
私がおすすめするのは、四季が感じられるスポット。

以前は自宅から約3.5kmの地点に遊園地があり、往復7kmのランニングを日課にしていました。遊園地を訪れる人たちの姿が季節によって異なるの見るのが楽しかったです。

 
image

今は少し走る距離を長くして、自宅から約6kmの所にある公園を折り返し地点にしています。四季折々の自然を楽しむことができ、ちょうど今の時期は満開の桜を楽しみながら走っています。

 
ランニングの折り返し地点を楽しめる場所にして、毎日の変化を楽しみながら、健康的に走り続けていきましょう。