ダイエットのための運動を長続きさせるたった1つの秘訣

ダイエットで効果を上げるために必要なことは食事改善と運動改善。

食事改善については、前回「糖質制限食を続けるために心がけている5つのこと」をご紹介しました。

今回は運動改善について、長続きする秘訣をご紹介します。

運動が長続きする秘訣は「楽しい」ものをやること

運動改善の習慣を長続きさせる秘訣、それは「楽しい」運動をやること。これだけです。

ほとんどの運動はつらく、苦しいものです。身体を動かして汗をかき、息が切れ、時には吐きそうにもなり、翌日は筋肉痛……。単に痩せたい、ダイエットしたいという気力だけで長続きさせるのは非常に困難です。

 
一方で運動は私たちに様々なものを与えてくれます。運動を続けることで身についていく体力、引き締まっていく身体、今までできなかったプレーができるようになる成長の実感、試合や大会に出てくる結果を残すことで得られる達成感など。運動を続けていくと得られるものが次第に増え、毎日の運動の楽しさも増していきます。

 
私はランニング、フットサル、キックボクシングといった運動をしています。

ランニングはフルマラソンを完走するという目標から始めたのですが、最初は1kmも走らないうちに息が切れ、走った翌日は筋肉痛でロクに歩けないひが続きました。

それでもランニングを続けた結果、次第に走れる距離が伸び、走る速さも速くなり、フルマラソンに出て完走できるまでになりました。

完走できたら次は4時間以内にゴールするという目標を立て、2016年2月の大会で達成することができました。ゴールした瞬間の喜びは今までに味わったことのない素晴らしいものでした。

 
フットサルはサッカーの経験すらない状態から始めました。最初はボールを足で止めたり、まっすぐ蹴ることすらできませんでした。

練習を重ねることでできるようになり、試合に出てゴールを決めることができるようになり、テレビで観るプロの選手のような動きもちょっとはできるようになり、と成長を実感しながら楽しんでいます。

 
キックボクシングも格闘技をテレビで観ると「どうして3分でヘロヘロになるんだ?」と思っていたのですが、実際にやり始めてみると、最初は30秒も持たずにバテてしまい、翌日は全身が筋肉痛で腕が上がらず、歩くのも大変でした。

それでも続けていくと、次第に動けるようになり、息を切らすことなく打ち続けられるようになり、打ち終わった後の爽快感を満喫できています。

 
どんな運動にしても最初は大変かもしれません。それでもちょっとした興味でやってみて、少しでも上手くできたことを味わって、楽しさを覚えることができたら、充分に続けてみる価値はあります。

次第にできることが増え、得られるものが多くなり、どんどん楽しくなっていきます。

 
はじめはみんな上手くできないものです。あなたが憧れている選手も、最初は基本的なことから始めています。

ぜひ興味がある運動があったら、まずやってみてください。きっとすぐに楽しいことが見つかって、長く続けられる物になっていきますよ。