【ポケモンGO】「たまご」を「ふかそうち」にセットしてウォーキングしよう

今、話題のゲーム「ポケモンGO」。
私もさっそく始めています。

週末には全国各地の公園にポケモンを集めに来る人がごった返して、大賑わいだったようですね。

「歩きスマホ」などのマナーには注意して、楽しく遊ぶようにしたいものです。

この「ポケモンGO」では、歩くことでポケモンを新しくゲットできます。

ポケモンを「たまご」から孵らせよう

ポケモンGOの「たまご」

ポケモンGOでは「たまご」というアイテムをもらえることがあります。この「たまご」を「ふかそうち」に入れて、孵化に必要な距離を歩くことで、ポケモンがたまごから孵り、ゲットすることができます。

「たまご」はポケモンメニューの中から確認することができます。孵らせたい「たまご」を選択して、ふかそうちに入れたらセット完了です。

ポケモンを孵すために必要な距離は2.0km、5.0km、10.0kmとあります。ゆっくりと30分ウォーキングすると2.0kmのたまご1個孵らせることができます。ジョギングをしている方なら1回で5.0kmや10.0kmのたまごを孵すことができますね。

孵すために必要な距離が長いほど、レアなポケモンがゲットできるようです。ウオーキング1回、ジョギング1回終えたら、貴重なポケモンが1匹ゲットできるかもと思うと、楽しみが増えます。

毎日のウォーキングやジョギングのおともに、ポケモンの「たまご」を「ふかそうち」にセットして楽しみましょう。

※ウォーキング中やジョギング中のポケモンプレイは危険なので、周りを確認して安全な場所で楽しんでください。