RIZAP×ファミリーマートの「ハムチーズロールパン」(糖質13.9g) 実食レポート

ファミリーマートが“結果にコミットする”RIZAP とコラボレーションして開発した糖質制限シリーズ。
糖質量を抑えるだけでなく、 「美味しさにコミットする」というコンセプトのもと、開発されています。

今日は、糖質制限シリーズの中から「ハムチーズロールパン」を食べた感想をご紹介します。

糖質量13.9gで食べごたえあり

RIZAP×ファミリーマートの「ハムチーズロールパン」の原材料、栄養成分表示

RIZAP×ファミリーマートの「ハムチーズロールパン」の原材料は小麦粉、大豆粉、小麦たんぱく、チーズ、エリスリトール、ハム、オリーブオイル、砂糖、卵、乳など。

栄養成分表示は、125kcal、 糖質 13.9g(食物繊維 1.3g)、たんぱく質 8.1g、脂質 5.1g、ナトリウム 169mg、となっています。

一般的な総菜パンの炭水化物量は40g程度なので、糖質量が約3分の1程度になっています。

糖質制限食において、糖質摂取量の目安は1日 130g 以下、1食あたり約 40g 以下が望ましい量です。このパンであれば、サラダとドリンクを加えても 40g 以下に収められ、 栄養バランスが良い食事になります。

パッと見たところ小ぶりなのですが、食べてみると弾力があり、噛み応えがあります。しっかり噛まないと飲み込めないため、噛む回数が増え、食べ終わった後に満腹感が満たされます。

味も美味しく、パンの美味しさにこだわった「美味しさにコミットする」という点も満たしています。

ローソンのブランパンシリーズに続き、糖質制限食をする上での選択肢が広がりました。

これまで糖質制限パンを食べてみたかったけど、ローソンが近くになかった、という方は試してみる価値ありです。

味も楽しみながら、しっかりと糖質制限を続けていきましょう。